無料でキャラクター作成、ポージングデスクトップ1

皆さん、こんにちは。

アプリ公式

VRM Posing Desktop on Steam
Accelerate the creation of 3D models! This is a highly functional posing tool for Vtubers, 3D modelers, and illustrators to use.Make your VRM character take var...

無料でキャラクター作成、今回は、VRM ポージングデスクトップを使ってみます。

最初に、VRioid Hubに出ていた連携アプリをスライドでご覧下さい。

4623
4624
4625
4626
4627
4628
4629
4630
4631
4632
4633
previous arrow
next arrow
  • VroidStudioですとそのまま出力まで行けたのですが、VRM ポージングデスクトップでポーズを付けようとすると、一旦、VRoidstudioで作ったアバターをVRioid Hubに登録する必要が有ります。(すみません、VRMエクスポートが可能ですので、登録無しで、呼び出せます
  • 購入費用が現在、1200円掛かります
  • 使い勝手において、VroidStudioとは違う部分が有るので、インターフェイス(初期画面の使い方)を覚える必要が有ります。割と少ないです^^。
  • ポーズは、関節毎に細かく動かす事が可能な様で、VRoid Studioに有る様な、一部を動かすと残りの部分が自動補正される(逆に言うとこれが有る為に、おかしなポーズになる事が有るのだと思います)機能が無い為、自分の思い通りにポーズが付きます。昔、人形の手足を動かして遊んだ感じです!(これをFKモードと言うらしいです)
  • お好みですが、VRoidstudioに有ったIKモードも使えます。肘・膝関節にも任意に動かせる仕組みが有りますので、自分の使い方に有った方法で進める事が出来ます。
  • ワールドライトと言う機能が有って、VroidStudioでは、顔・体と個別に設定していた光の陰影を体全体で設定出来るので、良い感じがします。
  • ポイントライト(灯数に制限が有りません)が有って、スポットライトを使用する感じです。
  • 出力も8K相当が有って、大きなポスター使用にも耐えられそうなので、良いと感じました。
  • 又、背景が無い状態で出力出来るので、切り取り作業は大変だなと感じている方には、便利な機能だと思います。(VRoidstudioも、R5,3,2 Vr1,20,1のアップデートで背景無しのPNG出力が可能になった

少し、使ってみての感想ですが、私は、良いと感じています。しかし、VRoidstudioを始めたばかりの人が、直ぐにポージングデスクトップを購入した方が良いか?と問われると、先ずは、VRoidstudioで作って見て、もう少しこうしたいな!が出て来たら、購入で良いと思います。

興味が有ったら、お手隙の時間でsteamの購入ページを見ておくと、セールをしている事も有り、お安く買えるかもしれません。私は720円の時に(多分発売当初はこの金額)で買いましたが、セールの時は、620円?だったような^^。現在は、少し値上がりして1200円になっています。

このサイトでも、出来る事の比較なども、載せて行きますから、参考にして下さい。

では、初めてみます。

準備として、VRioid Hubにログイン出来る様に、登録する必要が有ります。(ポーズを付けるアバターは此処経由でやり取りします)。ログインすると、沢山のキャラクターが居て、自分のアバターも他の人に見られるのではとご心配が出るかもしれませんが、非公開に出来ますのご安心下さい。

アプリの購入、VRioid Hubへのアバター登録、どちらが先でも大丈部です。先に、アバターの登録をやって見ます。

VRoidstudioで、アバターが完成したら(光の陰影・影の色・表情はポージングデスクトップで付けられるので、そのままで大丈夫です)右上の①をクリック、別窓が出ますので、②VRoid Hubへアップロードをクリックで、③新しいキャラクターでOK、④名前を付けてOKです。

登録用の2枚の写真を撮る様に言って来ますので、撮影して、①アップロードです。

次に登録条件の設定です。色々面倒そうですが、初回だけで、あとは同じ条件で登録してくれます^^。

基本は、自分用なので、利用はNG,非公開で良いと思います。練度が上がって、皆さんに見て貰いたくなりましたら、是非、公開してみて下さい。販売されている方もいらっしゃいます^^。条件の変更をクリックすると別窓が出ますので、設定出来ますが、右の利用条件の一番下にも、非公開の項目が有ります。

上手くログイン出来て、自分のアバターも登録出来たら、RM Posing Desktopを購入します。VRioid Hubページの少し下の方に、連携アプリ一覧と言う項目が有り、その中にRM Posing Desktopが有ります。

VRM Posing Desktop on Steam
Accelerate the creation of 3D models! This is a highly functional posing tool for Vtubers, 3D modelers, and illustrators to use.Make your VRM character take var...

公式サイトも載せて置きます。STEAMと言うゲームを販売しているサイト内に有り、購入の際には、STEAMもインストールが必要です。

ゲームに馴染みの無い方は、ご心配が出るかもですが、此処経由でゲームを購入している方は多い(ゲームのセールなども有る為)ので、サイトとしての心配は無いです。

初期画面
123456789101112
ポーズ変更既成ポーズ選択表情編集影の強弱と色未使用アバターの追加アバターの変更位置の移動目線全画面方眼表示インターフェイス非表示
131415161718192021222324
SNS連携・案内設定ポーズ呼び出しアップロード出力小物・ポイントライト風設定背景設定影設定全体光源未使用未使用
未使用は、使えないでは無く、私が使った事が無い現在勉強中の項目です、すみません💦。

最初に、①アバターを変更します。①を押すと、別窓が出るので、②VRioid Hubと進みます。VRioid Hubが立ち上がるので、今回、ポーズを付けるアバターを選んで、③利用するを選ぶとアバターが変更されます。

初回のみ、VRoid Hubとの連携が必要ですが、2回目以降は、自動で連携してくれます^^。

補足では有りますが、このソフトには現在、シーン保存の機能が無い様です。ですから、アバター毎の保存で無く、着けたポーズか気に入った場合、ポーズ(お好きな名前が付けられます)としての保存をします。又、表情もお気に入りに出来ます(英語・数字なので少々分かり難いですが)。

近日中のアップデートで、シーン保存が装着予定となりました。実装されたら、追記します^^。

次回は、実際に使ってみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました