AI小説で使える無料アプリ ソフト6選

皆さん、こんにちは。

始めてのAI小説にチャレンジ。今回は、実際、作って行く際に使える無料アプリ ソフトをご案内します。(一部有料の物が有ります)文章作成、キャラクター作成、ポーズソフト、表紙を作る際に使うソフトをご案内しています。

アプリは、殆どが無料で行えますが、一部、有料の物、又、グレードアップすると有料になる物が有ります事をご了承下さい。

AIのべりすと 公式

AIのべりすと
文庫本174万冊分! にほんご文章・小説生成AI

小説の文章を作ってもらうソフトでご案内の一つ目です。

AIのべりすと 無料会員と有料会員の違い

無料会員ボイジャー会員ブンゴウ会員プラチナ会員
月額料金(税込み)0円1,166円1,980円3,465円
専用サーバー無し1ヶ月の出力回数6,0001ヶ月の出力回数6,000無制限
共有サーバー出力制限あり※1無し無し無し
AI文字認識量約4000字約5100字約9000字約13000字
最大出力文字約150文字約200文字約300文字約375文字
TrinArt(お絵かき機能)のルミナ付与数※210ルミナ150ルミナ300ルミナ600ルミナ
商用利用可能可能可能可能
※1)制限後は180分利用不可 ※2)一枚の生成で0.26ルミナ消費します。

有料会員になりますと、出来る事は多くなりますが、スタートとしては無料会員で十分作業が可能です。少しだけ自分で書いて見て、後を追加して貰う事も出来ますし、全てを書いてもらって、タイトルだけを自分でつけても大丈夫です。

お絵描き用のルミナが少ないですが、それだけを単体で購入する事も出しますので、沢山、お絵描きがしたくなったら、考えてみるのも良いかもです^^。

ルミナの数価格1ルミナ当たりの料金
500ルミナ792円1.584円

このサイトにも、もう一つのAI小説作成ソフトである AI BunCho との比較を載せていますが、其々を無料登録で使ってみて、私は、AIのべりすとを選択しました。

もし、時間にゆとりが有りましたら、最初は、両方、無料登録で使ってみても、良いかもです。使い勝手はそれぞれ違いますし、使い込んでしまうと、後から変更が面倒になってしまうかもですから^^。

AI BunCho 公式

AI BunCho
AIとの対話で あたらしい物語をつくろう

小説の文章を作ってもらうソフトでご案内の一二つ目です。

AI BunCho 無料会員と有料会員の違い

無料プラン止まり木(有料)水やり(有料)シード(有料)焼肉(有料)
月額料金(税込み)0円550円1650円3300円5500円
広告ありなしなしなしなし
サーバー回数制限1日5回1日5回なしなしなし
認識文字量(トークン)記載無し記載無し768トークン1024トークン2048トークン
プロット生成 ※1なしなしありありあり
漫画作成ありありありありあり
AI TRPG (β版)使用不可使用不可使用可能使用可能使用可能
有料プランには、更に高額で沢山の機能が付く物が有ります。※1 プロットとは、各章の短めなあらすじ生成

私も、AI BunCho フリートライアルで試しました。このソフトには、フリープランと内容は同じなのに、広告表示だけが消える止まり木プランが有ります。最初は、チョット不思議だったのですが、使ってみてすぐにわかりました!広告、凄く多いです💦。入力の際に、少し邪魔になってりします><。

ネット上で調べると、AIのべりすとの記事が圧倒的に多いですが、お好みも有ると思います。こちらは、タイトルもAIが作ってくれます。有料プランには、なりますが、プロット(各章の短いあらすじ)も生成が可能ですし、AI TRPG (シナリオゲームの様な感じ)が出来たりします。

同じ様な、文章を書いてくれる2個のソフトですが、少し雰囲気が違うかもです。

VRoid Studio 公式

VRoid Studio
3D創作を誰でも楽しめる世界へ。VRoid Studioは3Dキャラクター制作ソフトウェアです。はじめての人にはかんたんに、慣れた人はよりこだわって、3Dキャラクターを作ることができることができます。

こちらは、キャラクターを作るソフトです。直感的に操作が出来るので、沢山、説明を読まなくても、有る程度、形に出来ます(拘りが出て来ると、少し説明を見たら良いかもです)。

AIのべりすとにも AI BunCho にも、イラストを出力する機能が有り、無料で使用可能です。

使ってみた印象は、その都度、書いてくれると言うよりは、沢山有る参考イラストの中から、引きだしてくるイメージでした。(例えれば、イラストACを利用する感じ…、すみません)ですから、同じキャラクターで、背景や雰囲気を変えて、出力する事は、かなり難しいと思います。

小説の主人公を挿絵にする場合、同じキャラクターを使う事が有ると思いますし、そんな時に、オリジナルキャラクターを作れる事を知っておくと、出来上がりのクオリティーが上がると思います。

表紙作りに、主人公キャラクターを使いたい場合も、1人作っておくと、ポーズや服装も色々変えて、出力、出来ます。表紙と中の挿絵の同じキャラクターを使う事が出来ますので、関連性が出来て良い感じだと思います。

VPic 販売サイト

Vピク / Vpic - VpicProject - BOOTH
VRM形式のファイルを読み込み、写真を撮影するソフト。 Software that imports VRM format files and takes pictures. Windows版(無料 / 完全版)を販売中。 Windows version (free / full version) are availab...

キャラクターのポーズ付けを支援するソフトです。VRoid Studioの中だけでも、ポーズを付けて、出力する事は、可能です。ですが、少し柔軟性に問題が有る事は、運営様も認めていて、細かいポーズが欲しい場合の解決策として、ポーズソフトも案内しています。

今回は、VRoid Studio も販売されているBOOTH内に有る、2個のポーズソフトをご案内します。

VPicは、無料版が有ります。ファイルの読み込みが、1種類しか無いのと、大きな出力が出来ないなど、有料版(800円)と少し違いが出ます。VRoid Studioのポーズ付けで、少し悩んだら、まず無料版で、試してみると良いです。

ポーズを付ける事を専門にしたソフトですので、手先など細かい調整が可能です。

例えば、VRoid Studioでは、指先のOKポーズは出来ませんが、VPicでは、出来るのです!

ちゃんとしたチュートリアル(説明書)も有るので、使い慣れない方も進めやすいと思います。

イメージ通りのポーズを付けて、表紙や挿絵に使えたら、楽しいですよ^^。

VRM Posing Desktop 販売サイト

VRM Posing Desktop on Steam
Accelerate the creation of 3D models! This is a highly functional posing tool for Vtubers, 3D modelers, and illustrators to use.Make your VRM character take var...

こちらは、完全有料です。(1200円)

有料なので、優れていると言う感じは無いと思います。しかしながら、操作感や保存方法などに、違いが出ています。チュートリアルも無くて、手探りで進めていく感じになりますが、このサイトにも、使い方の一部を載せています。

もし、興味が出ましたら、参考になさって下さい。

photopea 公式

Photopea | Online Photo Editor
Photopea Online Photo Editor lets you edit photos, apply effects, filters, add text, crop or resize pictures. Do Online Photo Editing in your browser for free!

最後は、画像編集ソフトです。

本文が出来上がって、出版したいなと思った時は、表紙の作成が必要になります。画像にタイトルなどの文字を入れる際に、使えます。こちらも無料で、使用可能です。

優れている点は、使い勝手が、非常にphotoshopに近い点です。ソフトは最初、使い方を覚える必要が出ますが、画像編集と言いますと、photoshopをご存じの方も多いと思います。月額料金が掛かります(1,000円程度)ので、直ぐの選択しでは有りませんが、このソフトを使っていますと、移行がスムーズに出来ますので、お勧めです。

以上がAI小説を作る際に使えそうなソフトでした。皆さんの、AI小説作りに役立ちましたら幸いです。

最後まで、お読み頂き、ありがとうございました。

お疲れ様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました